ギリシャ悲劇・オデュッセイア

ギリシャ悲劇や、ホメロスのオデュッセイア、ダンテの神曲など、取り揃えております。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

崇高について (単行本)

メタローグ
西洋のあらゆる批評の原点とされる名著の本邦初訳。ロンギノスを名乗った古代ローマ帝国末期の著者によって書かれ、本文の欠落が若干あるものの、時代の荒波を越え、一級の知性によって読み継がれ、伝えられてきた。我が国の文壇の重鎮がこの本と出会ったのは大学生の頃。今から半世紀も前のことだ。卒論を準備しながら丹念に試訳を重ねた。それが一冊の書物に結実したのは、阪神大震災がきっかけだった。罹災した氏の胸に、凋落するローマの栄光と世紀末日本がダブった。時代と向き合おうとする訳文のなんと溌剌と躍動していることか。抵抗する文士の面目を見せた、時空を越えた共作である。(小林浩)
『ことし読む本いち押しガイド2000』 Copyright© メタローグ. All rights reserved.


内容(「BOOK」データベースより)
人間論=文学論=批評の原点といわれる西洋文学古典中の古典「崇高について」を半世紀にわたる文学活動の根底に方法的に取り込んできた小田実が、満を持して翻訳、世に問う。著者「ロンギノス」に深く応答しつつ、世紀末現代の状況を見据えて書かれた小田独自の文学論を同時収録。時代を超えた希有な共著。

イソップ物語のおしえ―賢くスッキリ生きる知恵 (単行本)

内容(「BOOK」データベースより)
イソップ物語は、本当にこれでもかこれでもかというほど、人間の愚かさを教えてくれる。不幸な人生をおくらないためのヒントが満載。

内容(「MARC」データベースより)
失敗したことを後悔する必要は何もない。失敗から立ち直ることが本当に生きることである。不幸な人生を送らないためのヒントを、イソップ物語に求めて提示する。2000年刊「どう生きるか」を改題、再編集したもの。

オウィディウス 変身物語〈上〉 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
古代ローマの天成の詩人オウィディウスが、ストーリーテラーとしての手腕を存分に発揮したこの作品には、「ナルキッソスとエコー」など変身を主要モチーフとする物語が大小あわせて250もふくまれている。さながらそれはギリシア・ローマの神話と伝説の一大集成である。ラテン語原典の語り口をみごとに移しえた散文訳。

イリアス〈下〉 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
第13歌から第24歌まで。勇将アキレウスを欠き苦戦するギリシア軍。アキレウスの武具を借りて一時はトロイア軍を敗走させたパトロクロスも敵将ヘクトルに討たれる。死を覚悟して復讐戦に立ち上がるアキレウス。伝ヘロドトス作「ホメロス伝」を併載。

ギリシア恋愛小曲集 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
勇敢な武将の夫と敵軍の捕虜となった絶世の美女の妻の再会とさらなる悲劇的な別離「パンテイアとアブラダタス」、若者と少女の純愛「アコンティオスとキュディッペ」、36人の女性の道ならぬ恋36章「恋の苦しみ」、近世文学に大きな影響を与えた「ヘーローとレアンドロス」など、達意の新訳で生き生きと甦る古代ギリシアの恋物語。

ペトラルカ―生涯と文学 (単行本)

出版社/著者からの内容紹介
ルネサンスを代表する作家・思想家,ペトラルカの生涯と文学・思想について述べた初の本格的な入門書.永遠の愛の対象となった「ラウラ」のこと,ボッカッチョとの友情,現代人の問題につながる「孤独生活」の思想などを軸に,ルネサンス的「普遍人」として多彩な活動をしたペトラルカについて,そのエッセンスを書き下ろす.

内容(「BOOK」データベースより)
ダンテ、ボッカッチョとともに、イタリア文学の三巨星の一人であり、ルネサンス時代を代表する作家・思想家、ペトラルカの生涯と思想・文学について述べた初の本格的な入門書。主著『カンツォニエーレ』でうたわれた永遠の恋人ラウラのこと、文芸復興(ルネサンス)の同志であったボッカッチョとの友情、近代の「個人」意識につながり現代人の問題でもある「孤独」の思想などを軸に、ルネサンス的「普遍人」として多彩な活動をしたペトラルカについて、そのエッセンスを書き下ろす。

牧歌/農耕詩 (単行本)

内容(「BOOK」データベースより)
「田園詩」の模範とされ、近代芸術にも影響を与えたラテン文学黄金時代の精華の詩集。

内容(「MARC」データベースより)
古代の自然と精神を歌ったラテン詩の最高峰。田園や農業の記述の中に哲学的・歴史的な問題が、神話の装いのもとに巧みに織り込まれている「牧歌」「農耕詩」を収録。解説も付す。

トロイア戦記 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
『トロイア戦記』はホメーロスの『イーリアス』と『オデュッセイア』を架橋する壮大な長編叙事詩である。作者は三世紀のギリシャの詩人クイントゥス。『イーリアス』のあとを受け、アマゾーンの女王の華麗な活躍、戦争の端緒を開いた王子パリスの末路、木馬作戦の顛末、絶世の美女ヘレネーの数奇な運命等、魅力あふれる多数の挿話をちりばめつつ、トロイア崩壊までを描く。本邦初訳。

著者紹介
【松田治】
1940年、鹿児島県奄美大島生まれ。東京教育大学文学部卒業(言語学)。東京大学大学院修士課程修了(西洋古典学)。現在、つくば国際大学教授。著書に『ローマ神話の発生』『アエネアスの冒険』『古代神話の英雄像』、訳書に『ギリシア神話の本質』(共訳)等がある。

イリアス〈上〉 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
トロイア戦争の末期、物語はギリシア軍第一の勇将アキレウスと王アガメムノンの、火を吐くような舌戦に始まる。激情家で心優しいアキレウス、その親友パトロクロス、トロイア軍の大将ヘクトルら、勇士たちの騎士道的な戦いと死を描く大英雄叙事詩。

オイディプス王 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
オイディプスが先王殺害犯人の探索を烈しい呪いの言葉とともに命ずる発端から恐るべき真相発見の破局へとすべてを集中させてゆく緊密な劇的構成。発端の自信に満ちた誇り高い王オイディプスと運命の運転に打ちひしがれた弱い人間オイディプスとの鮮やかな対比。数多いギリシア悲劇のなかでも、古来傑作の誉れ高い作品である。

- 美容外科- アキバ中毒のページ- 鶯谷・うぐいすだに- 千葉の印刷なら千代田印刷- 電子たばこ- 横浜関内リラクゼーションサロンDIO- 幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク- ハロー!江東区!- 台東紀行- GOGO!江戸川区!- 墨田区紀行- 台東クラブ- 東京ぶらぶら- 高収入バイト情報- 鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」- 日暮里 鶯谷 上野 ニュース-
-

ooo風呂の事ooo 巣鴨で散策!ooo 天国的お魚の道@千葉ooo 千葉の城下町 千葉市のお城探訪!ooo 歴史千葉ooo ちば!ちば!ちば!千葉の伝統文化。ooo 山手線エリア~洋食屋 王道のカレー&ビーフシチュー~ooo ショッピング 検索ooo 将棋好き好き@千葉ooo 千葉市の幼稚園探し・人気の幼稚園を口コミ調査・幼稚園情報!ooo めぐろGuide~オシャレなまち目黒~ooo カフェの歴史から千葉のカフェ紹介まで☆★カフェ千葉★☆ooo 千葉県の自然ooo 千葉を中心としたの潮干狩り場・潮干狩り情報をご紹介する~ちば潮干狩り.COM~ooo 千葉県南房総 館山市.COMooo レジャー、アウトドア.コレクションooo 千葉文化ぶんか!ooo GO!GO!九十九里!海水浴は九十九里で決まり!ooo 山手線エリア~銭湯~ooo 東京ぶらぶらooo